再びグラーツ・2年目の留学生活♪


9月22日、羽田空港を出発しエミレーツ航空ドバイ経由でグラーツへ戻りました。
羽田空港→ドバイ→ウィーン、ウィーンからは列車でグラーツまで..

9月23日で丁度留学生活1年目終了、2年目が始まります。


1ヶ月と少しの日本での生活は、被爆ピアノ演奏、福島と広島の交流会での演奏、ラジオ出演・演奏、老人ホームでのコンサート、「第17回きらめき音楽館」コンサート、東京・門前仲町で開催の「ワンハンド・ピアノフェスタ!」の企画、と様々な経験をさせていただきました。

どの演奏の機会も「ワンハンド・ピアノフェスタ!」も、まわりの方の支えあって行うことができたことです。
素敵な皆様との出逢い、ずっと支えてくださった「左手のアーカイブ」プロジェクト代表の先生や先生のまわりの皆様、本当にありがとうございました。

1年目の留学生活中、そしてこの帰国中も挫けそうなことが度々・・
そんな時、いつも遠くから励ましてくださったのは智内威雄先生で、その度に大切なことを教えていただいたと共に「またへこんでるの~」なんて笑われ元気をいただいていました。
そして、「逃げない、どんなことに対してもまずは真っ直ぐ向き合ってみよう」という大切さに気付きました。
向き合うと悪いように捉えられていた出来事も変化しました。実は他人ではなく私自身の問題だったこともあります。
25歳にして気付くことは遅いのかな・・でも、気付いたことは私にとって、宝物です!


「左手のアーカイブ」プロジェクト内で行った「ワンハンド・ピアノフェスタ!」で企画に携わったことも大学内では学べないようなことばかり。
開催内容についての話し合い、プレスリリース作成、ホームページやフライヤー、デザイン作りのためその道のプロの方との連絡、テキスト作り、懇親会のデリバリー決め、当日の準備、受付、演奏。
そのことを行っているときは、夢中になったり挫けたり・・。
レッスンがたくさんあり、フェスタのすることも重なって途中ダウンしてしまい泣くしかなかった5月・・あの時の出来事や気持ちも忘れません。フェスタを通して様々な想いがあります。一つ一つに想いが詰まったホームページとフライヤー、デザインが大好きです。デザインは、完成した当初から今もずっと日本のケイタイの待ち受け画面♪(ホームページ)



ふと想い返した時・・、先生方は私たちに大切なことを教えようと一生懸命指導してくださっていたことに気付きました。
生きる上で大切なこと。これは「左手のアーカイブ」プロジェクトの趣旨だけじゃないのかもしれない・・とやっと気付きました。


1年目はバランスとれず少し疎かになった学業。ごめんなさい。
でも、これからは学業や留学生活も一生懸命向き合いたい。留学もアーカイブも大切。上手にバランスとることが出来るといいなぁ・・と考えています。留学の2年目の環境に慣れるまで時間がかかるけれども出来ることは一生懸命行いたいです。


留学も先生のご指導や家族や友人の支えがあり、実現することができた大切な宝物です。
ここからどう可能性を広げていくかは自分次第。

笑顔で一生懸命過ごします!(*^_^*)


* * *


来月下旬に再び帰国いたします。
お時間がありましたら聴きにいらしてください。


●第6回府中ライオンズクラブ文化サロン瀬川泰代ワンハンド・ピアノリサイタル

2013年10月26日(土)14:00~、18:30~ ※2回公演

場所*府中クラシックハウス(広島県・府中市)

入場料*500円



また、10月31日「左手のアーカイブ」コンサート詳細はこちら♪兵庫県立芸術文化センターで行われます。
智内威雄先生とマキシム・ゼッキーニさんの演奏会です。私も聴きに行きます(*^_^*)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Profil

Yasuyo Segawa

Author:Yasuyo Segawa
左手のためのピアノ作品を演奏しています。
公式ホームページ: http://yasuyo32mini.web.fc2.com/
2012年よりオーストリア・グラーツ芸術大学大学院に留学。
片手作品も両手作品も垣根なく誰もが音楽を楽しむことのできる未来を目指したいと願い、研鑚を積んでいます。 
片手作品に興味を持っていただけましたら嬉しいです。
人との出会い、笑顔をみること、自然が大好きです^^*♪

-profile-
1988年 広島県出身 3才よりピアノを始める 

2005年 演奏時右手指に違和感を感じ、症状が悪化する

2006年 安田女子高等学校を経てエリザベト音楽大学に入学、10月局所性ジストニアと診断されその後左手作品と出会う

2009年 左手のピア二スト智内威雄氏に出会い、左手作品のレッスンを受け始める

2010年 エリザベト音楽大学音楽学部演奏学科を卒業、卒業演奏会、第80回読売新人演奏会など各新人演奏会に出演、
    広島プロミシングコンサート 2010 にて広島交響楽団と吉松隆作曲左手のためのピアノ協奏曲「ケフェウス・ノート」を共演
    広島国際文化財団ヒロシマスカラシップ2010中村音楽奨学金奨学生に選出される

2012年 新進演奏家育成プロジェクトにて広島交響楽団と M.ラヴェル作曲左手のためのピアノ協奏曲を共演
    オーストリア・グラーツ芸術大学大学院に左手作品のみで受験、合格する

2013年 左手のピアニスト4人によるコンサートを地元の広島市・呉市にて企画、開催
     one hand piano music series-1 瀬川泰代「はじまり」の CD を発売する
     ポーランドにて演奏会に出演、スロヴァキアやイタリアの講習会に参加する
     月刊ショパン7月号、留学リレーエッセイにて執筆する
 イタリアで開催されたコンクールにて左手作品を演奏し、1位Assolutoを受賞
     ワンハンド・ピアノフェスタ!~片手でチャレンジ!~を「左手のアーカイブ」プロジェクトのメンバーと企画、東京にて開催
      ヒロシマ平和創造基金ヒロシマスカラシップ2013中村音楽奨学金奨学生に選出される
      府中ライオンズクラブ主催「瀬川泰代ワンハンド・ピアノリサイタル」にて演奏、好評を博す
2年連続アオギリ平和コンサートに出演、被爆ピアノの演奏をおこなう

これまでに平本恵子、濵本恵康、横山幸雄、智内威雄の各氏に師事、また新聞、ラジオ、テレビなど各メディアに取り上げられる

現在、オーストリア・グラーツ芸術大学大学院に在籍し池場文美氏に師事

Neue Trackbacks

Suche

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。