近況報告/演奏会のご案内


ご無沙汰しております。
オーストリア・グラーツに留学して3年が経とうとしています。
今年の3月より新しいゼメスター(学期)が始まりました。
留学生活も落ち着き初め、学業に専念できるようになりました。とても嬉しく、充実した日々を過ごしています。
そして今年度から国際コンクールにも意欲的に挑戦しています。

・第6回アントニオ・サリエリ国際コンクール(イタリア) 2位
・第7回フィラデルフィア国際コンクール(イタリア) 1位
・ヴァルチドーネ国際コンクール2015(イタリア) 2位
 を受賞することができました。



左手のピアノ作品で出場することは、コンクールの課題曲などの規約などから参加可能なコンクール自体を探すことも苦労します。しかし、知らない土地へ出向くこと、人との出逢い、その土地の美味しい食べ物や景色、コンクールから学ぶことなど参加する度に多くのことを経験させていただいています。
左手作品を知っていただく機会、自分自身と向き合う時間としてこれからも小規模なコンクールから大規模なものまで、可能な限り挑戦していきたいと考えております。

さて、7月下旬ににスペインにて今学期最後のコンクールを受けた後日本に一時帰国いたします。
7月31日にコンサートに出演しますのでご案内させください。
心を込めて準備してまいりますので是非皆さまに足を運んでいただけますと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

* * *
演奏会名: 「ヒロシマ」平和文化創造発信事業 広島平和文化祭

       瀬川泰代 ピアノリサイタル~ゲストを迎えて~

開催日時: 2015年7月31日(金)18時30分開演

開催場所: JMSアステールプラザ オーケストラ等練習場(広島市中区加古町4-17)

入場料:  無料

出演者: 瀬川泰代(左手のピアニスト)

ゲスト演奏者: 村上招子(朗読)、山口璃子(ピアニスト)、前田悠貴(サクソフォン奏者)


プログラムについて:

音楽の持つ純粋な癒しの力を信じ、演奏会後お客様に笑顔になって帰っていただきたいという主催者、演奏者の想いと演奏会テーマの平和を願うプログラムを様々な視点から構成しました。

左手音楽という音楽の歴史も浅く新しい未知の世界。左手音楽の魅力を伝えるピアノ独奏プログラムに加え、3人の共演者を迎え様々なスタイルで共演します。

左手のピアノ音楽の可能性と、お客様に幸せを届けることのできる心に残る演奏会となりますよう準備してまいります。

10311759_906081899449951_2768082167030832041_n (1)
問い合わせ:

(公財)広島市文化財団 事業課 

         TEL.082-224-0750

* * *

11156398_878075855583889_8318883109925998803_n_convert_20150702104410.jpg10988466_887697427955065_384754302979594038_n_convert_20150702104655.jpg
11406797_906740102717464_9128527331831062406_n_convert_20150702104804.jpg11406709_906742919383849_2522231346734090055_n_convert_20150702105253.jpg

unnamed (25)

スポンサーサイト
18:各種コンク―ル入賞おめでとう御座います。
イタリアで行われた三つの国際コンク―ルの入賞おめでとうございます。世界中で、様々なコンク―ルがおこなわれていますが。殆どのコンク―ルは、演奏者の技巧を重視しているのが良くわかります。英国イングランド北部のョ―クシャ-州の古都リ―ズで3年ごとに行われている「リ―ズ国際ピアノコンク―ル」(参加者の年齢制限30歳)の特徴は参加者の「音楽性」と「将来性」に重きを置いた選考がされているようです。同コンク―ルの優勝。入賞者から優秀なピアニストが世界中で活躍しています。参考にしてください。

管理者にだけ表示を許可する
Profil

Yasuyo Segawa

Author:Yasuyo Segawa
左手のためのピアノ作品を演奏しています。
公式ホームページ: http://yasuyo32mini.web.fc2.com/
2012年よりオーストリア・グラーツ芸術大学大学院に留学。
片手作品も両手作品も垣根なく誰もが音楽を楽しむことのできる未来を目指したいと願い、研鑚を積んでいます。 
片手作品に興味を持っていただけましたら嬉しいです。
人との出会い、笑顔をみること、自然が大好きです^^*♪

-profile-
1988年 広島県出身 3才よりピアノを始める 

2005年 演奏時右手指に違和感を感じ、症状が悪化する

2006年 安田女子高等学校を経てエリザベト音楽大学に入学、10月局所性ジストニアと診断されその後左手作品と出会う

2009年 左手のピア二スト智内威雄氏に出会い、左手作品のレッスンを受け始める

2010年 エリザベト音楽大学音楽学部演奏学科を卒業、卒業演奏会、第80回読売新人演奏会など各新人演奏会に出演、
    広島プロミシングコンサート 2010 にて広島交響楽団と吉松隆作曲左手のためのピアノ協奏曲「ケフェウス・ノート」を共演
    広島国際文化財団ヒロシマスカラシップ2010中村音楽奨学金奨学生に選出される

2012年 新進演奏家育成プロジェクトにて広島交響楽団と M.ラヴェル作曲左手のためのピアノ協奏曲を共演
    オーストリア・グラーツ芸術大学大学院に左手作品のみで受験、合格する

2013年 左手のピアニスト4人によるコンサートを地元の広島市・呉市にて企画、開催
     one hand piano music series-1 瀬川泰代「はじまり」の CD を発売する
     ポーランドにて演奏会に出演、スロヴァキアやイタリアの講習会に参加する
     月刊ショパン7月号、留学リレーエッセイにて執筆する
 イタリアで開催されたコンクールにて左手作品を演奏し、1位Assolutoを受賞
     ワンハンド・ピアノフェスタ!~片手でチャレンジ!~を「左手のアーカイブ」プロジェクトのメンバーと企画、東京にて開催
      ヒロシマ平和創造基金ヒロシマスカラシップ2013中村音楽奨学金奨学生に選出される
      府中ライオンズクラブ主催「瀬川泰代ワンハンド・ピアノリサイタル」にて演奏、好評を博す
2年連続アオギリ平和コンサートに出演、被爆ピアノの演奏をおこなう

これまでに平本恵子、濵本恵康、横山幸雄、智内威雄の各氏に師事、また新聞、ラジオ、テレビなど各メディアに取り上げられる

現在、オーストリア・グラーツ芸術大学大学院に在籍し池場文美氏に師事

Neue Trackbacks

Suche