感謝と想いと・・



今日は午後から練習しました。やっと何か光が見えてきそう・・そろそろレッスンをお願いできるかも!

1461819_594890410594570_1574345248_n.jpg
かわいい♪美味しそう♪

休憩中、日本の携帯電話を見ると、ラインに友人からのメッセージを受信。
『今、日曜9時の広島FM、クラシカルホリデイ聴いているの。番組初めに舘野泉さんのCDが流れて、パーソナリティーの松田亜希子さんが【広島にも左手のピアニストがいます。この番組にも出演していただいた瀬川泰代さん、現在留学中ですが、応援したいですね。】』のようなことを言っていたよ♪♪』という笑顔のスタンプ付きのメッセージでした。私のことを覚えていてくださったこと、お話してくださったこと、本当に嬉しかったです。ありがとうございます!

3年前に出演させていただいた、クラシカルホリデイ、生まれて初めてのラジオ出演がこの番組だったのでラジオの録音のお部屋から機材まで見るものが初めてで収録はとても緊張したことを覚えています。
そのラジオ出演がきっかけで、福山へお住まいななのにわざわざ広島市内へ演奏会を聴きにきてくださったお客様もいらっしゃいました。福山で農家をされている方、とても綺麗なバラもいただきました。お元気にされているのかな。


広島では、私の活動などをご存じの方がいること、それは私にとってあたたかい気持ちにさせてもらい、ありがたく勇気やパワーをいただいています。多くの方の支えから私が成り立っているのだなと感じます。
しかし、ヨーロッパに来ると、0からのスタート。「なぜ左手で演奏するの?」から始まり、説明をし「早く治るといいね」「ありがとう」という会話に・・どうしてもなってしまいます。この1年は負けずと意見を言うこともありましたが、言っても理解してもらえないことはいくら言っても変わらない。
最近は、違うアプローチをしなければと思うようになりました。その1つはコミュニケーションでもあり私にとって言葉の変わりともなる「演奏」。違うアプローチというものなのか、今の私にはこの方法しかありません。ただ、そこで理解してもらうにはもっともっとがんばらなければ!


先日ETV特集で日本の先生についての放送もありました。「左手作品を演奏する」という意味のまわりの理解は、日本はこれからどんどん環境が良くなっていくでしょう。そんなことを考えると、「日本に帰りたいな」なんて思ってしまうこともあります。
そんな時、今日初めに綴った友人からのメッセージ、ラジオのお話を聞くと「支えてくれる人がいるのだからここでがんばるぞ!」と笑顔と元気をいただきます。ありがとうございます。
そして、夏の一時帰国の際に感じた、「あたたかい日本だからこそ私は、今海外に居たい」・・この気持ちを信じています。決して根拠はなく・・直感です。

自分のやりたいことに対して突き進む、気持ちとの向き合い方はまだまだ難しいですが、もう立ち止まる場合ではないなと心で感じるようになった最近です。

・・と綴りつつも、勉強時間が夕寝に変わったのでコラッ。(夢を見ることができました!)

明日から1週間が始まります。語学学校のIntensivコースも始まるので、気合いを入れて笑顔で毎日を過ごします♪どんな時も笑顔を忘れたくないです♪
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Profil

Yasuyo Segawa

Author:Yasuyo Segawa
左手のためのピアノ作品を演奏しています。
公式ホームページ: http://yasuyo32mini.web.fc2.com/
2012年よりオーストリア・グラーツ芸術大学大学院に留学。
片手作品も両手作品も垣根なく誰もが音楽を楽しむことのできる未来を目指したいと願い、研鑚を積んでいます。 
片手作品に興味を持っていただけましたら嬉しいです。
人との出会い、笑顔をみること、自然が大好きです^^*♪

-profile-
1988年 広島県出身 3才よりピアノを始める 

2005年 演奏時右手指に違和感を感じ、症状が悪化する

2006年 安田女子高等学校を経てエリザベト音楽大学に入学、10月局所性ジストニアと診断されその後左手作品と出会う

2009年 左手のピア二スト智内威雄氏に出会い、左手作品のレッスンを受け始める

2010年 エリザベト音楽大学音楽学部演奏学科を卒業、卒業演奏会、第80回読売新人演奏会など各新人演奏会に出演、
    広島プロミシングコンサート 2010 にて広島交響楽団と吉松隆作曲左手のためのピアノ協奏曲「ケフェウス・ノート」を共演
    広島国際文化財団ヒロシマスカラシップ2010中村音楽奨学金奨学生に選出される

2012年 新進演奏家育成プロジェクトにて広島交響楽団と M.ラヴェル作曲左手のためのピアノ協奏曲を共演
    オーストリア・グラーツ芸術大学大学院に左手作品のみで受験、合格する

2013年 左手のピアニスト4人によるコンサートを地元の広島市・呉市にて企画、開催
     one hand piano music series-1 瀬川泰代「はじまり」の CD を発売する
     ポーランドにて演奏会に出演、スロヴァキアやイタリアの講習会に参加する
     月刊ショパン7月号、留学リレーエッセイにて執筆する
 イタリアで開催されたコンクールにて左手作品を演奏し、1位Assolutoを受賞
     ワンハンド・ピアノフェスタ!~片手でチャレンジ!~を「左手のアーカイブ」プロジェクトのメンバーと企画、東京にて開催
      ヒロシマ平和創造基金ヒロシマスカラシップ2013中村音楽奨学金奨学生に選出される
      府中ライオンズクラブ主催「瀬川泰代ワンハンド・ピアノリサイタル」にて演奏、好評を博す
2年連続アオギリ平和コンサートに出演、被爆ピアノの演奏をおこなう

これまでに平本恵子、濵本恵康、横山幸雄、智内威雄の各氏に師事、また新聞、ラジオ、テレビなど各メディアに取り上げられる

現在、オーストリア・グラーツ芸術大学大学院に在籍し池場文美氏に師事

Neue Trackbacks

Suche

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。